So-net無料ブログ作成

コメント下さった皆様へ [日々]

こんにちはtakashiです。


いつもは夜にブログを更新するんですが、今日は珍しく早めです。



今まで、自分の書いたブログにコメントを貰っていた事、知りませんでした。


確認の方法が分からなくて・・・。


コメント下さっていた方、すみませんでした。


さっき、スマホの方にso-netからメールが届き、初めて気がつきました。


昨日書いたブログにコメントがありますって・・・。


それでパソコンにて確認したら、他にもコメントが残っていて。


ありがとうございます。


数人の方でも、俺のブログを見ていてくれる人が居るって、なんか嬉しいです。


ネットだからもっと、キツイ コメントが来ると思っていたのですが、皆さん、心の温まる様なコメントばかり。


これからも入院やその他、どうしても更新が出来ない時以外は毎日更新するので、良かったら覗きに来て下さい。









コメント下さった方々に、ここでコメントを返させて下さい。


俺と同じ様な怪我を負った方へ


早く退院出きる事を応援させて下さい。

俺も最初は足を切断しなきゃいけなかったらしいですが、今は何とか歩行出きるまでになりました。

何て声をかけたらいいのか、俺の頭じゃ中々思いつかないです。

そうなるまでの経緯、辛かったと思います。

多分ですが、自分なりのSOSを発信していたんだと思います。


でも、誰もその心を救えなかった。

何て声をかけたらいいんだろう・・・。

安易に分かるなんて言いたくないし、言われたくないと思います。

退院したら、またコメント下さい。




全身麻酔についてコメントを下さった方へ


全身麻酔、何回やっても怖いです。

医者は眠っているからすぐだと言いますが、俺は急に落ちるみたいに眠る瞬間と起きた時に自分がどこに居るのか分からなくなる瞬間、パニックになり、恐怖です。

多分、誰だって目が覚めた時に自分の知っている場所じゃなければパニックになると思いますが、俺の場合は心細いのが大きいのかも知れません。

本当は独りが嫌いだから。

本当は誰かと一緒に居たい。

それは昔から。


朝起きて、『おはよう』 って言える人が居るのは何て素晴らしいんだろう。

家に帰ってきて、『ただいま』って言える人が居るのは何て素晴らしいんだろう。

そう思います。

俺は小さい時から家が荒れていて、ケンカが無い日がありませんでした。

だからこそ、テレビで見たり、本で見たりした家庭に憧れました。


お金は必要最低限あればいい。

自分の事を愛してくれる人と、自分が愛する人だけ居ればいい。


そんな事を小さい時から望んでましたが、それも叶わなくなった今、何も望みません。

だって、欲しい物はもう手に入らないのだから。


すみません、長々とダラダラ書いてしまいました。

コメントありがとうございます。






昨日のブログにコメントをくれた人へ


ありがとうございます。

何て言うか、俺は家族とは本当に距離を置かないとダメだと改めて思いました。


俺の家族は絆なんてモノは無いし、他人の方がマシなのかも知れません。

俺はこうなる前、飛び降り自殺をする前、自分でもどうしたらいいのか分かりませんでした。

貯金は減っていく一方だったし、仕事も続かない。

前に通っていた病院で障害者手帳の取得も考えていましたが、家族が取得すると経歴として残ると言われ、取得しまんでした。

一般就労で色んな所へ仕事をしようと行きましたが、仕事が覚えられず、何回も辞めました。

家族が悪いとは言いませんが、もっと早く自分を認めていれば楽だったかも知れません。


俺の父親は精神障害者です。

それは俺が小さい時から。

そして暴力を振るう父親でした。

小さい時は父親が病気の事は誰にも言うなと言われていました。


警察も何回も家に来ましたが、当時は保護とかそういうのはありませんでした。

家族は心も身体もボロボロでした。


精神障害=悪いモノって言う考えが多分ですが、母親にはあるんだと思います。

悪いって言うか、あんまり良い思いでは無いと思いますが。

だから、俺とかと話をしていて、俺が多少声をあらげたりすると電話を切ってしまいます。


俺は昔、それが辛かったです。

寂しい、辛い、何回も母親に訴えていました。

でも、母親は気分が悪いから電話を切ると言って、切ってしまいました。

仕事が続かず、それでも俺に仕事の経験が少ないからと言って一般就労を勧めて来ました。

俺には上に兄弟が居ます。

その兄弟は昔から精神的に不安定が続いていました。

今思い出しても、おかしいと思います。

殺されかけて警察が来た事もあります。

俺の心も、そのぐらいからおかしくなっていました。

殺されかけたのに、涙を流しながら笑っている自分が居ました。

何ていうか、生きてる感じがしました。

おかしいですよね。

殺されかけて、そんな事を感じるなんて。

警察に電話して、泣きながら笑ってるなんて。

その時は警察に電話して、伺いますって言われて切られて、まだ来ない、かけて、早く来てを数回繰り返しました。

警察が到着するのが遅いと感じました。

その時は親が止めに入りましたが、親が俺の心配をしてくれる事はありませんでした。

玄関に投げ飛ばし、二人倒れこみ、俺が必死に蹴るのを親が注意しました。

殺されかける俺よりも・・・。

何ていうか、多分、壊れてるんだと思います。

俺の家の家庭、家族、全部。

俺が入院していて、家に居た猫の世話をしてくれていた人達への感謝を未だに話しにあげる親。


俺はそれが嫌で、正直、入院していた時にしてくれた事には感謝はしました、だけど、それをずっと言ってくる親が嫌いです。


それを恩着せがましく、いつまでも言ってくる親が。

だから、俺は親子の縁を切りたいと思っています。


正直、母親は家族での繋がりを大事にしようと思っているみたいですが、俺の心はもうありません。


俺が入院中、看護師に足がこのままで、車椅子生活になると、元の家には帰れないから施設に住む事になるんじゃない?

と言われ、凄く不安になりました。

どこか遠くへ行かなきゃ行けない気がして。

俺の考えが甘かったと思いますが、もしそうなったら母親が一緒に住んでくれる様な気がしてました。

車椅子になった自分を助けてくれると思っていました。

だけど、母親は施設に行く事になっても会いに行くと言いました。


医者や看護師から親と一緒に暮らせないのか?と何回も訊ねられました。

だけど、親は自立して欲しいとだけ言って、手を離します。

俺はそれでもいいと思います。

もう自立して、関わりたくない。

俺の中では誰にも頼れないと言うのが強いんだと思います。

考え方が極端だって言うのは自分でも分かってます。

白か黒かみたいな。

日ごろから連絡も取り合っていなく、行事などの時にだけ集まって、家族らしくいるのが俺には苦痛でしかたなくて。

俺は人付き合いが下手クソなんだと思います。


だから友達も居ないしな・・・。


友達は財産だと思います。

どんな人生を歩んでいたとしても、友達のアドバイスだったり、一言で変われた人が世の中には沢山います。

それはとっても素敵な存在なんだと思います。

なんか何が言いたいのか分からなくなってきた・・・・。


無意味な長文を長々と垂れ流すのは、読み手にとって苦痛だと思うので、ここで終わりにします。

俺が今回書いてきた事を大雑把にまとめると、こんなお爺ちゃんみたいな身体、障害を負った人が他人に好いてもらいたいとか甘い考えを捨てました。

同じ様な障害を負った方でも魅力的な人は別です。ここ重要!!


俺は自分に価値を見出せないから、だから好かれるとも思えないです。


だから独りで生きていかなきゃだと思いました。


本当だったら、楽になりたいです。

何が楽しくて、毎日生きていかなきゃいけないんだって日々思います。

よく、生きられない人も居る、そんな人から見たら・・・なんて事を見かけます。

でも、俺からすると、じゃあ、生きて居たくない人も居てもいいんじゃないのか?って思ってしまいます。


瀕死の重傷を負った時でさえ、殺してくれと願った俺だもの。

生きたくても死んでしまう人が居ると嘆く人は、その人達の倍、長生きしてください。


なんて言ったらいいかな・・・俺は、十人十色、色々な考えを持つ人がいる、その考えを持っている人を否定しないでくれと思います。


イジメで自殺してしまう人。そんな人達が、そうしてしまう前に、このブログに出会えたら、助けてみたいと思います。

嫌なら、仕事から、学校から逃げてしまえばいい。

死ぬ事なんて、いつだって出来る。

だから、もし悩んでいる人達が、俺のブログに訪れたら、俺の経験を少しでも活かせたらと思います。

走れなくなる前に、死んでしまう前に。


親に生きてる事を否定された俺の経験を。

望まれない命の俺の経験を。


何か、暗い話になってすみません。

あと、長文ですみませんでした。

最後、ここまで読み、たどり着いてくれた方、ありがとうございます。

俺が経験してきた事なら、話すので、質問などあったら、コメント下さい。

今回、コメント下さった皆様、コメントありがとうございます。励みになります。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感