So-net無料ブログ作成

精神病 [日々]

こんばんはtakashiです。

今さっき帰って来て、シャワー浴びて、やっと今パソコンと向き合っている。

家に帰って来たのが22時過ぎだった。

ポケモンGOの今週の移動距離がもう50kmオーバー・・・。

今日だけでどんだけ移動したんだろう。

朝、5時過ぎ?から緑トカゲのレイドに2回参加して、その後16時からスイクンって言う犬のレイドに参加した。

背中が今、痛い。

とりあえず、ブログ書いて日付が変わって、いつもプレイしてるゲームのデイリーをクリアしたら寝ようと思う。

明日は本当に家にずっと居ようかな・・・。

でも、多分緑トカゲのレイドだけは1回参加するかな。

スイクンって言う犬の色違いはゲット出来なかった。

俺の隣りで参加していたオジサンは1回目でゲットした!って叫んでたけど。

だからアプリで固体値が100%のモンスターが出たって報告するのがあるけど、その人その人の端末によって出るのが違うからその報告って意味が無いと思うんだわ。

前に友達と一緒に歩いてポケモンを捕まえていた時に俺の方ではノーマルのガスの固まりが出たんだけど、友達の方では色違いが出てたし。

カラダの疲れを何とか明日で一回抜かないと・・・。


さてと、ここらで本題を話そう。

今日は精神病について話そうと思う。

精神病って言っても今は色々な病名がある。

多分、世の中で活動している例えば大統領とかも分析すれば何かしらの病名が付いてしまうんじゃないかな?

その位今は精神病の名前が増えて、分類が増えたと思う。

昔は分裂症って言われていた病気も今じゃ統合失調症って名前に変わったし。

何が原因で変わったのかまでは知らないけど。

あと、今は障害者って字も障害者の害の字をがいってひらがなにしたり、カタカナにしたり表記が変わったけど、俺からするとそれ程違いを感じては居ない。

精神病って言うとみんなはどんなイメージを持つだろうか?

前に話した精神病棟みたいに暴れまわったり、大声を出して叫んでるイメージかな?

未だに精神病への理解がこの世の中には浸透していない。

俺が思うに、それが浸透しない理由として、精神病の大変さだったり、その病気にかかった時の症状って罹った人やその人と関わりの深い家族じゃないと分からないのが大きいと思う。

家族にしても、病にかかった人の妄想だったり、障害の起こり方?とかは分からない。

例えば、針で指を刺した痛みって言ったら大抵の人は分かると思う。

食べ物で例えるなら、レモンをかじった時の酸っぱさとかって例えるともっと分かる、その事がどんなか想像出来やすいと思う。

だけど、鬱病にかかって、ダルいので仕事に行けないって場合はどうだろうか?

ただ朝起きて体がダルいのと鬱病にかかって体がダルいでは重さが変わってくる。

多分、大抵の人はここで分からなくなると俺は思う。

俺が前に何かの記事で読んだ話だけど、鬱病で会社を当分の間休んだ人が居たんだ。

その人は会社を休んでて、何かの時に遊園地だかどこかで遊んでる写真をSNSだかに投稿したんだって。

それを見た会社の同僚が病気で休んでるのに遊びに行って!ってその鬱病の人を叩いたんだよ。

で、結局、その鬱病の人は会社を辞めていったって話なんだけど。

確かに鬱病で会社を休んでる時に遊びに行った写真をSNSに上げるのはどうかとは思う。

だけど、病気で休んでるから家から出るなってみんなは思う?

鬱病だけじゃないけど、精神病って睡眠みたいに上がり下がりがあって、下がってる時は本当に何も手に付かない、何も行動する事が出来ないんだよ。

で、上がった時にたまたま、その人は気分転換に遊園地だかに遊びに行っただけなのかも知れない。

何回も同じ事を書いてると思うけど、病気で休んだからって一日中家からも出ず、布団に潜っていろって考え方自体、俺はもう古いと思って居る。

風邪とかと違って、薬を飲んでいれば数週間で必ず良くなるってモノじゃないからね。

現代医療をもっても、今の精神病に対する特効薬って言うのは無いんだよ。

ただ、薬の技術って言うのはやっぱり進歩していて、昔に比べれば副作用とかが軽くなったりはしているけど。

俺が言いたいのは鬱病って言うのは誰でもかかる可能性があるんだよ。

人によってストレスに対する耐性が強い、弱いはあるけどさ。

もしもだけど、同じ様にストレスを与え続けて、ある一方の人達が鬱病になったとする。

もう片方の方が鬱病にはかからなかったとする。

そうするとかからなかった人達は別の何か病気を患って居る可能性があると俺は思うんだよ。

今まで何も精神疾患に罹った事が無く、鬱病は怠け者のなる病気だって言ってる人達が同じ様に仕事に対して責任感が強く、必要以上に頑張って同じ鬱病になってしまった時に、それでも自分が怠けていたからだって果たして言えるのだろうか。

怠け者のなる病気だって言ってる人達がかかってしまった場合、自分の事を絶対に怠け者だとは言わないと俺は言える。

多分、その人達がかかってしまった場合、助けてくれだの死にたいだのって叫ぶ、騒ぐと俺は思う。

鬱病にかかりやすい人達って言うのは人よりも責任感などが強く、ストレスを抱え込んでしまうからなりやすいって思うんだよ。

まぁ長くなってしまったけど、俺が言いたいのは精神病の病気の辛さって言うのは例える事が物凄く難しい。

だから罹った事の無い人達に伝える事が物凄く困難で、そうなるから理解されづらいと思うんだわ。

最初の方で言った例えが無いから。

ダルいって言っても鬱病と健康な人のダルいは違うから。

人と人とが理解し、共感し、分かり合える事は難しいと思う。

それこそ、ガンダムのニュータイプとかになったとしてもアムロとシャアは分かり合えなかったし。

だけど、歩み寄る事は出来ると思うんだよ。

健常者、障害者、同じ人間。

見た目や中身が違ったとしても、同じ人間だから。

そうしない限り、平和を訴え続ける事は無駄だと俺は思う。

愛は地球を救うんじゃなくて、思いやりや優しさで地球、世界を救うんだと俺は思う。

愛って言うとさ、何か曖昧に感じない?だけど、優しさや思いやりって言うと俺でも何となく分かるんよ。

まぁあるテレビ局の番組の批判では無いけどねw

とりあえず、疲れたから今日はここで終わらせたいと思う。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。