So-net無料ブログ作成

命の価値 [日々]

こんにちはtakashiです。

今日もメモに書いた事を書こうと思うが、同じ様なタイトルで書いた事があるかも知れない。

で、もしかしたら言っている事が違うかも・・・大丈夫か、俺。



命の価値

俺がふと考えた事は人によって、その人の命の価値が違うという現実についてだ。

例えばだが、交通事故で亡くなった人が居たとする。

その人がお年寄りの場合と子供の場合、何が違うのだろうか?

ここで言いたいのは罪を犯した側の話ではなく、失ったモノの事である。

失った家族からしたら、価値は同じだと思う。

夫、奥さんを亡くしたお年寄り、子供、兄弟を失った親。

そこにある違いは生きてきた年数であり、支払われるお金の差だ。

まずおかしいと思うのはお年寄りだと支払われる金額が子供よりも安い。



ちなみに、今ググってみたら、お年寄りの方が高くなる事もあるとの事。 情報不足ですみません。

続きを書きます。


お年よりは今まで生きてきた、子供は先があるとでも言いたいのであろうか?

俺にはその明確な違いは分からない。

だけど、社会貢献で言えばどうだろうか?

お年寄りはその年になるまで国、社会に貢献してきている。

そこの評価はあるのだろうか?そもそも、人によって命の価値が違う事などあって良いものなのだろうか?

悪は罰するべきだと思うが、頭の良し悪し、社会的貢献、地位が違うからと言って亡くなって良いものでは無いと俺は思う。

有名人、学者、博士など社会的に地位のある人の死は多くの人が悲しみ、惜しむかも知れない。

だが、人が亡くなる意味は平等だ。

何か理由があって、こう思った訳じゃ無いが、俺はこう考える。


改めて、文章、ブログに書こうと思うと、それが事実なのか調べなきゃダメだから、ちょっと大変だった。

調べてみたら、お年寄りでも地位とかによって、金額が違う事も分かったし。

でも、死は誰にでも平等に訪れるものだと思う。それで悲しむ人数の差こそ、あるけど。

俺が死んだら、誰が悲しんでくれるのだろうか・・・。

今日は、ここまで!

では、良い一日の後半を!


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感